ちょっと通りますよ

廃主婦になれない中の人とリチャードソンジリスのおはぎの日常その他をてきとーに綴る雑記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジリス】低体温と定期健診

GWも間近だというのに、週末の寒さには驚きましたね(;´Д`)
真冬には起こさなかった低体温を11日、17日と1週間のうちに二度も起こしたし、
季節はずれの寒さに備えて警戒態勢をとっていたのですけれども。

少なくとも私が気付いた範囲では、
20日の夜中、21日の夜中、22日の朝、の3回冷えかけていました(つд⊂)
冷やしおはぎ状態を10とするなら、
11日と17日の冷えかけ度合いは7
20日~22日にかけての度合いは5程度、といったところでしょうか・・・。

だいたいね。
そんなとこで寝てるから冷えちゃうんだよ(メ゚皿゚)フンガー
IMG_20130421_174721.jpg
とは言うものの。
温度計をおはぎのお気に入りポイントに移動して温度推移を見てみても、
20度を下回ってはいないんですよねぇ・・・。

今日の午前中に定期健診に行って、そのことも相談してきました。
前回の定期健診で相談した時は、要経過観察と言われてましたね⇒【ジリス】健康診断いってきたよ
今シーズンは大型犬用ヒーター大活躍だったので問題ないと思っていたのですが、
まさかの暖かくなってきてからの頻発。
前に相談したときも、冬には起こしてなくて4月に冷えてるんだよなぁ・・・。
IMG_20130423_094323.jpg
病院に向かう前のおはぎ氏。
のちにおはぎ氏は語る。
('ω')「いつものケース掃除だと思ってたんですよ。
    まさかあんなことをされるなんて夢にも思ってませんでした・・・。」


たいへん長くなってしまったので折りたたみます(´Д`)
 にほんブログ村 小動物ブログ ジリスへ 
いつもありがとうございます(*´ω`*)
↓↓続きはこちら↓↓

10時半の予約だったんですけど、エキゾ系の本の監修にも関わる三輪先生の病院なので、
相変わらず患畜が多くて、診察室に呼ばれるまでに30分近く待ちます。
とは言え、おはぎは院長先生に診ていただいたことはないんですけどね(´・ω・`)

いわゆる犬猫が多い動物病院と違い、寒さに弱い患畜が多いため、
待合室を含む建物内の温度が高めに保たれていて人間にはちょっと暑い。
前に診ていただいていた女医さん(ご自身もリチャ飼い)は、産休に入っているようで、
今回は違う男性の先生でした。

低体温を起こした日付と状況、現在の飼育および保温環境、
与えている食べ物のこと、気付いたことなどを一通り話した後で、
ケースからおはぎ登場('ω')

おはぎを一目見た瞬間に「体格も毛づやも良いですね~」
低体温を起こしやすい子というので、先生は、痩せていたり毛づやが悪い子を想像していたみたい。
そうなんですよ、そこなんですよ!
毛づやが悪かったり痩せてたりしたら、どこか体調が悪いんだな、とわかるじゃないですか。
おはぎは一見すこぶる健康優良児なんですよ。
なのに低体温を頻発するからお手上げなんです┐(´д`)┌
金田風に言うならば、健康優良不良少年ですよ('A`)

先生が触診しながらあれこれ質問してくる。
便はどうですか?⇒問題ないと思います
食欲はどうですか?⇒問題ありません
痒がったりしますか?⇒ひどく痒がったりということはありません
口を気にする様子はありますか?⇒特にありませんが、水を飲んだあとにうがいみたいなことをしてるときがあるくらいです
思い出せるのはこのくらい。

触診では少しお腹がはってるかな?と言われました。
前回の検診で相談してますね。
あの時は、当日ははってなかったみたいで、問題視されなかったけど。

触診を終えて、やはりこれといった問題点がないのに低体温を起こしているのは気になるとのこと。
考えられる可能性としては以下3点。
1 心肺機能に問題がある(聴診器では心音に乱れはない)
2 低血糖を起こしている
3 脳に障害がある
1と2に関しては、レントゲンと血液検査である程度わかる。
3はCTやエコー検査すればわかることもある。

レントゲンと血液検査は麻酔しなくてもできるが、CTとエコーは麻酔が必要
また、血液採取に協力的ではない動物なので、採血ができない場合もある
とのこと。

おはぎには痛い思いをさせて申し訳ない気持ちもあるけれど、
原因がわかれば対処のしようもあるというもの。
とりあえず麻酔の必要ない2つの検査を頑張っていただくことに。

ほとんどがフェレットやうさぎなど泣き声を発しない子ばかりの静かな待合室に、
おはぎのピィ!ピィ!という鳴き声だけが響く(´;ω;`)ブワッ

40分ほどして戻ってきたおはぎ氏。
IMG_20130423_115433.jpg
(´ω`)「ひどい目にあわされました・・・」

相当ショックだったのか、がんばったねーとキャベツをあげても、
ピィピィ鳴きながら微動だにしない・・・。
撫でると鳴きやむけど、撫でるのをやめるとまた鳴く。
ごめんよぅウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
あわあわしながらなだめすかしていると結果が出たようで呼ばれました。

まずは血液検査の結果から。
・白血球の値がやや低いが、比較参考資料の基準値がウサギのなので、許容範囲内であると思われる
・少したんぱくが高いが、水分摂取が少ないとなりやすく、また低体温にも関係ない
・内臓系の数値もおおむね良好で問題はない
・貧血もなく、血糖値も正常で低血糖ではない
結果:血液検査では異常はみられない
ひとまずε-(´∀`*)ホッ

続いてレントゲンの結果。
・1枚目では少し心臓が白っぽく見えたが、2枚目では心肺ともにきれいであり、問題ない
・内臓器官に腫瘍のカゲなどは見受けられない
手術が必要な状態ではなかったことに、さらにε-(´∀`*)ホッ

先生「それでですね・・・」
え?まだ続きあったんですね(゚д゚)
先生の手元にはどうやら医学書らしいものが広げられ、プレのレントゲン写真のページが開かれている。

先生「ここが盲腸なんですけど、まぁこれはプレのですけど、
   おはぎちゃんはちょっと盲腸がだいぶ大きいんですよ」

(´・ω`・)エッ?
ちょっとなのかだいぶなのかはっきりしていただきたいんですけれども。

先生「こっちの角度からみても…本当は足を伸ばして撮りたかったんですけど、
   無理には伸ばせないので伸ばしてないんですけど、これ…わかりますか?」

ぱび「ああ…けっこう…大きいですよね?」
先生「えぇ」

あ、だいぶの方だったみたい。

先生「触診でもお腹はってましたし。
   盲腸が大きいっていうことは腸の動きが悪いんだと思うんです」

ぱび「えーっと・・・うまく消化ができてないんでしょうか?」
先生「えぇ。でもその割にはとても良いフンをしてるんで・・・」
先生からお墨付きのいいunkです\(^o^)/

ぱび「フンの状態はたまに大小あるものの、下したりもしたことないですけど…。
   盲腸が大きくなる原因はなんですか?」

先生「この子たちは牧草を主食とした雑食なんですが、
   牧草以外のものをたくさん食べるとなりやすい傾向があります。
   ただ、おはぎちゃんの食生活は問題がないと思うので…」

ぱび「先天的に大きかった可能性もあるんですか?」
先生「大きくなる素養を持った子もいるみたいです」
ふむぅ( ^ω^)・・・
先生「ひとまず、腸の動きを良くするお薬を飲ませてみましょう。
   1~2週間後に再度大きさを比べて、まだ大きいようなら薬を強くして、
   改善されるかを見て行きましょう」

ということでした。

GWが絡む4月末~5月初めの出稼ぎは変則的に4日からなので、来週再診の予約をして帰宅。
家を出てから4時間近く経過していましたヽ(´Д`;)ノ

牧草敷き詰めただけの小さいケースで長時間お待ち頂いたので、
いろんなものまみれになってしまっていて、帰るなり洗われたおはぎ氏。
IMG_20130423_133230.jpg
('ω')遺憾の意を表します

ケースに戻すとすごい勢いで牧草をもしゃもしゃ。
その後もしばらく興奮冷めやらぬご様子でしたので、落ち着くまで待つことに。
1366699573644.jpg
待ってたら疲れたみたいで寝てしまった。
なんか手が・・・ヴィジュアル系みたいな寝姿だな(;・∀・)
('ω')我が手に抱かれて眠れ
あ・・・はい・・・(;´∀`)

お薬は問題なく飲んでくれましたので、なにかに混ぜたりする必要はなさそう。
ほんっとに口に入れるもの系では悩まされたことがない、いい子だわぁ(*´ω`*)

それにしても。
果たしてこれが低体温頻発の原因につながるのかどうか?
盲腸が大きくて、腸の動きが悪いとしても、低血糖起こしてるわけでもなければ、
貧血でもなく、unkも良いunkで・・・
常時ではないけれど、腸の動きが悪いことによって、低血糖が起こってる可能性があるのかしら?
聞き忘れたから、今度再診の時に聞こうっと。

Comment

NoTitle 

おはぎさん、お疲れさまでした!
原因が分からないと心配だけど
麻酔に踏み切るには勇気がいりますよね〜
うちも今そんな感じで、もやさま中です。
でも麻酔のリスク考えるとまだ若い今のうちかも?
とも思います。(あくまでうちの意見ですが)
待合室で怯えてピイピイ鳴くからナデナデしていると
急に元気になって出たがってキャリーに戻せなくなる…あるある(- -)
ほんと、言葉が通じたらなあと思います…
  • posted by COCO 
  • URL 
  • 2013.04/23 21:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

(・∀・) 

こんばんわ(・∀・)

うちの小次郎さんも土曜日に初めて低体温になってしまいました(;´・ω・)
このブログで低体温のこと読んでたので参考にさせてもらいましたっ!
読んでなかったらオロオロしてたと思います(´・ω・`)
ありがとうございました(・∀・)

  • posted by さーせん 
  • URL 
  • 2013.04/23 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはぎさん、お疲れさま〜
男性の先生って、マヨきゅうを見てくれてる先生かも〜
健康診断としては、良好の結果でよかったですね。
低体温の原因は、まだ不明だけどもし分かったら
薬とか何か対処療法あるんですか?
もし脳のエコーとかして、結果どっかが悪くても
脳の手術するわけにはいかないし…
低体温に対しての治療法があるなら
検査をしなくても治療を始めて様子見を
してみるのも手ですよね。
ホルモンバランスの問題だとしたら、
うちは、マヨくんの皮膚病の時に治せないって
言われちゃいました(^^;;
マヨくんの皮膚病は放置して勝手に治っちゃいました(笑)

  • posted by 音 
  • URL 
  • 2013.04/23 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはぎさん、病院お疲れ様でした。
イヤンなこといっぱいされちゃったけど偉かったですね。
掛かり付けのイケメン先生に冷やしぴきぴきになることは
らなんの事と一緒におはぎさんの話をしたことがありました。
頻発するなら心臓疾患があるかも〜って事でしたが
おはぎさんは若いし、今回の検査で特に問題がないとなると
ホルモンの関係なのかもしれないとは言ってましたね。
らなんも発情してる時は野良寝して身体が冷えてたりしても
ねむねむにはならないで元気だったりしてましたね。
お腹動かして血の巡りが良くなったら、冷やしおはぎさんには
ならなくなるかなー。

それにしてもおはぎさん、撫で撫でしないとピイピイ文句言うのですね。
ウチは出せーいって大暴れでしたよ。
2ぴきぴき同時だとカバンはボヨンボヨンと一人で動く謎の物体とするわ
ガリガリ囓るわで大騒ぎです(^^;)
おはぎさんは可愛いな〜
  • posted by ぽんた 
  • URL 
  • 2013.04/24 00:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ごぶさたしてます 

通院&検査、おつかれさまでした
低体温、原因不明なんですね
ぜんぜんわからないですが
単に、冬眠しやすい体質ってことはないのでせうか?
だいたいが、夏に冬眠しちゃうリチャが、飼育下でなぜ冬眠しないのかのほうが
私には不思議だったりします・・・・
ぽんたさんが書かれているみたいな、心疾患とか
大きな病気でなければいいですね
それにしても、毛づやピッカピカで、ふっかふかでかわいいなぁ~
  • posted by まろまろ 
  • URL 
  • 2013.04/24 11:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おつありさまでございます。
まとめてお返事参ります(´∀`)

>>cocoさん
そうなんですよね~。
ある程度特定できていて、確認のための検査ならば、
躊躇もしないんですが、原因不明のことの方が多いですよね(´Д⊂ヽ
実家の犬の体に塊を見つけた時も、麻酔して取るべきかかなり悩みましたが、
当時12歳くらいだったので今の内かも、と踏み切りました。
でも15歳の時に見つけたのはもう取らないことにしました。
おはぎの場合も、もしじゃあCTで脳に障害があっても手術もできないだろうから、
低体温に関しての検査はここまでかな?と思っています。
今までもいろんな動物を飼ってきましたが、本当に言葉が通じたら…
と思っちゃうこと多いです(つд⊂)
ピィピィなだめすかしは、リチャ界の待合室あるあるだったんですねw


>>さーせんさん
小次郎さんも低体温なっちゃいましたか(´Д⊂ヽ
土日寒かったですもんねー。
少しでも参考になったようでよかったです~。
私も最初はたいへんヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノしましたw
不名誉ながらも、おはぎはリチャードソンジリス界いちの冷やし系男子でしょうね…。


>>音さん
おぉ?マヨきゅうちゃんたちと同じ先生ですかしら?
スタッフ紹介のページで確認したら伊村先生でした。
低体温の他には特に異常もなくてほっとしました。
おそらく、原因がわかったところで対処法はあるものとないものがあるのだと思います。
心肺や低血糖、貧血だったらお薬処方である程度改善できるかも知れませんが、
おっしゃるように脳だったら手術という選択肢はとらないと思うので、
なるべく冷えないようにする、冷えたら温める、しかないんでしょうねぇ…。
いずれににしても冷える「原因」がわからなければ低体温に対する治療法っていうのは、
エアコン28度フル稼働しかないでしょうねぇ。
今回指摘された腸の大きさも要因のひとつかも知れませんが、
じゃあ食生活に問題はないはずなのに腸が大きい原因は何か?
ってなっちゃいますよね・・・。
堂々巡りです(´Д⊂ヽ

ホルモンバランスっていうのもありえると思っています。
去年も4月に冷えていて、発情期が終わって1ヶ月ほどで、
なにかしらバランスが崩れて冷えやすいのかもなぁと…。
私もホルモンバランス崩れまくりですが、漢方飲むくらいしかないですしね(;´∀`)
飲んでも効いてるかって言われたらびみょーですしw


>>ぽんたさん
本当に偉かったです(*´ω`*)
イケメン先生に聞いてくださってありがとうございます。
やはり心臓疾患が一番原因として考えられますよね。
幸いそうじゃなくてほっとしました。
ホルモン説も高いですねぇ。
病院では提示されなかったので聞き忘れてました・・・。
冬の寒い時期にはがっつり発情期でだからか、温度が今より低いのに、
たしかに野良寝してても冷えないんですよね。
去年も発情期終わって4月に冷えてますし。
盲腸はなんとなく、原因じゃないような気はしてますw
でもそれも何かの要因なのかも知れないので、しばらく様子見ですね。

最近、撫でるのを強要するときがあるんですよ・・・。
萌えまくりですよ(*´ω`*)
待合室ではショックが大きすぎて固まってましたけど、
鞄ボヨンボヨンは歩いてる時やバスの中でしてましたw
2ピキーズ同時にボヨンボヨンされちゃあ、そりゃあ大騒ぎですねw


>>まろまろさん
ご無沙汰しております~。
私も、冷えやすい体質なのかなぁと思いつつ、
何か疾患があって冷えやすいのかも?
心配もあったので、今回検査していただきました。
結局、いちばんメジャー?な原因の心疾患など、
大きな疾患は今のところありませんでした。
おはぎは被捕食者としての自覚がないような寝姿のくせに実は野性味が強くて、
飼育下でも自然化で冬眠する時期になると、野生の血が騒いでしまって冬眠…
なんてこともありえないとも言い切れない気もしてきました(;・∀・)
  • posted by ぱびこ 
  • URL 
  • 2013.04/24 13:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

書いてる人


ぱびこ
たまにおかしなことを言う以外は人畜無害と思われます。
FF14ヅラ鯖(元コネ鯖)でモゾモゾ。
元オススメプレイヤー(パン鯖→アスラ鯖)

使用カメラ⇒SonyNEX5/NikonD600。
flickr⇒コチラ
instgram⇒コチラ

ぱびこをフォローしましょう

うちの面子

哺乳類 霊長目 ヒト亜科 ヒト属
ニンゲン

笹団子(夫)

哺乳類 ゲッ歯目 リス亜目 リス科
ジリス属 リチャードソンジリス
おはぎ

おはぎ動画

Loading...

最新コメント

かうんたー


現在の閲覧者数:

参加中

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小動物ブログへ
blogram投票ボタン

いつもポチリとありがとうございます

スポンサードリンク

検索ワードランキング

無料レンタル

検索フォーム

最新トラックバック

ドードー先輩

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

«10 | 2017/11 | 12»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全タイトルを表示

最新記事

Tags

Link【RSS】

FF14TB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。